介護の泉
 

介護の必要性

高齢化社会の日本ではお年寄りの人が一番介護を必要としています。もちろん、生まれたときから介護を必要としている人もいますし、生まれながらに障害を持っていて介護をうけながら生活をしている人もいます。また、不幸にも病気や事故にあってしまい介護を必要として生きていかなければならない人など、多くの人が介護を必要としています。ですから、そのような人の負担などを軽減してあげる為にも、介護というのはとても必要なことなのです。常人にとっては凄く簡単な事でも介護される側にとってはとても難しいことだったりします。そういった気持ちも踏まえながら介護の必要性について考えてほしいです。介護をしっかりしておけば長生きもできます。誰もが寿命を全うして、家族にちゃんとした葬儀を行ってもらいたいものですよね。千葉・東京・埼玉など、葬儀を行う場所は多くあります。長生きすれば葬儀についても冷静に考えることができるため、介護を受けながらでも長生きすることです。

お年寄りの「身体」

お年寄りの「身体」元気に年をとっていく人もいますが、加齢と共に体の働きが低下してしまいますので、介護をしてもらいながら生活をしていく人が多くなっています。お年寄りの方のいるご家庭では、お年寄りの身体のことをきちんと理解してあげることが大切です。いずれ自分も、更年期障害などに悩まされる年齢になっていくのです。今ではそういった更年期症状の予防サプリメントや健康食品も沢山みかけますが、まずはどう言った老化の現象があるか紹介します。

言葉

  • お年寄りは声を出すことがむずかしかったり、口を大きく開けて話したりしても他の人に伝わりづらくなってしまいます。頭の中では言葉を考えることができても声にできないことも起こります。私たちがカゼをひいて声が出にくいときにはイライラして、もどかしい感じがするようにお年寄りの方も同じ気持ちだと思います。

耳・コミュニケーション

おとしよりに話しかけたとき、「え?」と聞き返されることが多くあると思います。いつもの声の大きさで話をすると、何を言っているのか理解してもらえないこともあるでしょう。おとしよりは耳から聞こえる音がこもってしまったり、音がとぎれて聞こえたりすることもあって何度も聞き返したり、聞き間違って答えが違うことも少なくありません。耳が遠かったり、聞こえないお年寄りの方と話すことは、大変なことですが、他にもコミュニケーションをとるための方法はたくさんあるのです。大きな声でゆっくりと、顔に表情をあらわして話すと理解してもらえます。また、文字を見ることができるなら、文字で聞きたいことや伝えたいことを書き表す方法も良いでしょう。また、声を出せないお年寄りの方には、文字をかけるようにペンと紙をそばに置いておくと安心して伝えることができます。「おなかがすいた」「散歩に行く」「トイレに行きたい」など、あらかじめカードのような物を作っておくと、介護をする人にもわかりやすく伝えることができるようになります。
手足

全体の筋肉が弱まってきてしまうので、手や足を動かすと痛くなることがあります。また、骨の中の栄養が少なくなるので、ギシギシと痛んだり折れやすくなったりしてしまいます。お年寄りの方がゆっくりと歩くのも、このような理由が挙げられます。

  • 視力が低下して、周りのものなどが見えにくくなってしまいます。目が悪くなっている人を介護する時には、まず家の中や生活をする場所の中に危険なところを少なくすることが大切です。また、どこに何が置いてあるのかを説明してあげることも大事なことです。床に躓くようなものを置かない工夫をして、転ばないようにしておきましょう。

動作

筋肉が弱くなってしまうと、物を持つ力が少なくなってしまいます。指が上手く動かないので、細かい作業をすることがスムーズにいかないことも少なくありません。お箸を使えなかったら、フォークやスプーンを使って食事を食べることをすすめる事も必要です。うでが上がりにくいなら良く使うものは、低い場所におくと取りやすくなります。小さな工夫がお年寄りの方にとっては、とても大切な事なのです。

 

recommend

ダイエットに酵母を活用

2018/9/21 更新

 
Copyright(C)2008 kaigonoizumi.All right reserved