介護の泉
 

福祉について

かつて福祉の対象者は主体のない貧しい人々でした。経済の発展と福祉国家の誕生によって、現代の社会では基本的人権のもとに人は皆個人として尊重されなければならないはずです。でも、高度に発展した社会は複雑な環境を生じ、それに適合して生きていかなければならなくなりました。
労働は肉体よりも精神を酷使するようになり、過労や母親の労働による子育てや家事とのストレスも問題になっています。お年寄りにとっても長寿社会は必ずしも幸福を意味しません。子どもたちもストレスにさらされ、不登校や心の病の問題もあります。障害がある人も個人として尊重され社会の中で生きて行かれるようになってきてはいるのですが、その人その人に応じた社会の援助も国家の制度もまだ不足して、全ての人にとって生き難い世の中なのかもしれません。

福祉とは

福祉とは社会の全ての人が幸福で安定した生活を営むことです。
介護とは違う意味合いになりますので、間違わないように気をつけてください。したがって社会福祉というのは、個人や家族だけでは解決することのできない生活上の問題や課題を解決していくことをを目的に、社会的に行う取り組みー住民自身による相互扶助や援助活動、住民の生活を支えることを目的にした政策・制度などーの総称といえます。

日本国憲法第25条には「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあります。れは社会権の中の生存権です。この考え方から社会福祉という言葉が使われるようになりました。

  • 社会福祉の対象は個人ということになりますが、むしろ考え方としては、個人と社会制度の間に取り結ぶ「社会関係の主体的側面の欠如」(社会関係の不調和、社会関係の欠如、社会関係の欠陥)であり、社会福祉はこれらを調整する機能の体系と捉えることができます。
    弱者あるいは保護対象としての人間から、主体としての人間という視点に立って生活を築いていくように考えていくことが大事です。

  • まず第1には「基本的欲求を充足する」ということがあります。
    つまり睡眠、食事、排泄などの生命を維持するための条件を満たすことです。従来の福祉の領域では、身体的、精神的、経済的、社会的にハンディキャップのある人たちに対して、こういった部分での援助を行ってきました。

    でもそれだけではありません。教育や社会参加、文化や娯楽の機会を得るということも生活としては必要なことです。そしてまた人間にとっては、基本的欲求や社会生活の基本を満たしていたとしても、それが自分自身の欲求であり、自分自身で考えて行っているということが大切です。
    生活を自分で作ってより良い自分に向上していくために自分で決定していく(自己実現)ように支えていくことが福祉に求められています。
    そんな福祉を仕事にする事はとても良いことですが、どんな仕事のか分からないと福祉関係の仕事に就きたいと思えませんよね。


Valuable information


電話秘書代行




Last update:2020/2/6

 
Copyright(C)2008 kaigonoizumi.All right reserved